カ―ドローンの審査のスコアリング

今回はカードローンやキャッシングを申し込んだ際に行われる、審査に影響を与える「スコアリング」について、述べていきたいと思います。
カードローンやキャッシングを申し込む際には、申込人の属性がスコアリング(点数化・数値化)され、審査結果に大きな影響を与えているのです。
属性とは、申込人の:

  1. 年齢・独身か既婚か
  2. 住所・住所形態・親と同居か
  3. 職業・勤務先・勤続年数・保険形態
  4. 与信額・借入総額・返済履歴

など申込書に記入したあらゆる項目のことです。
スコアリングとは、これらの属性情報がチェックされるわけですが、単に項目が単体でチェックされるだけでなく、複数の項目との因果関係
など、その会社が持つ過去の長大なデータを基にした、統計情報と比較して偏差値を出していきます。
このスコアリングは相対的な評価ではなく、申込人に与えられたスコアリングのポイントがどうなのかという、絶対評価になります。
そして、このスコアリングのポイントが一定評価以下であれば、審査に落ちる事になり、審査に通ったとしても、スコアリングのポイントが
低ければ、まずは低く設定された利用限度額からのスタートということにもなるでしょう。

審査に通りやすくなるコツを教えて!?

キャッシングやカードローンを組みたい、利用したいというときには審査を受けます。これは当然のことであり、返済能力を確かめる必要があるからです。しかし、審査に通りやすくするコツは存在します。具体的にいいますと他に借りているところがあれぱ少しでも多く返済しておくことです。今更、自身の金融信用情報を極端によくすることは不可能に近いです。しかし、僅かでも良くできるならばそれはしたほうがよいでしょう。その方法というのがまずは借金があるならば少しでも返済することになります。また、これは細かいことではありますが実家の住所や兄弟の住所まで伝えますとやや審査が通りやすくなると言われています。但し、これは明確に基準や評価を公開しているわけではないので、多少はそれによって信用度が上がるであろう、という予測の一つでもあります。通りやすくなるコツというよりは通りやすいところを見つけることはできます。比較的、多くの人に利用して欲しいと考えている金融業者は沢山あります。つまりは、通りやすいところを見つけ出し、そして申し込みをするわけです。これがある意味では一つのコツであるといえます。審査に通りやすくするために、担保や保証人をつける、という方法もあります。しかし、これは業務的に面倒が多すぎるので業者側が断ることが多いです。つまりは、そもそもキャッシングやカードローンとは無担保であり、保証人すら必要ない、と言うのが売りでもあるのです。いくら利用者側がそれを差し出すといっても断られるほうが多いです。ですが、もし可能であれば打診はしてみることです。少なくともマイナス評価になるわけではないです。いくつかの審査を通りやすくなっている業者を見つけるのはよいですし、保証人などの提案をするのも効果的です。一つのコツ、工夫をするのではなく複合的に試してみるのがお勧めできます。別に失敗してもお金がかかるわけではないのです。試してみることです。

無職で収入なしはキャッシング不可能

まず無職についてですが、一つ目は、無職で無収入のケースです。この場合は、アルバイトもパートもしておらず、まったく収入ゼロの無職ですので、キャッシングは不可能でしょう。
二つ目は、アルバイトやパートで定期、あるいは不定期に働いている無職です。この場合は収入はありますが、定職についていないことで社会的には無職扱いとなります。
このような条件の場合は、前者のケースよりも審査に通る可能性は、高くなりますが、審査は厳しい面がありましょう。
そして、問題となるのは、やはり一定の安定収入の審査基準をクリアできるかどうかになると、思われます。
あまりにも収入が不安定で少ない場合には、キャッシングを断られることもあります。
また、専業主婦も無職かつ無収入ですが、配偶者貸し付けを利用したり、配偶者の収入を担保にする形で、消費者金融や
銀行でのキャッシングが可能となります。

総量規制対象外のカードローンに関して

銀行は貸金業者とは違いますので、総量規制は対象外となり、融資の年収三分の一までという規制はなく、審査によって年収の三分の一以上融資、可能と結果が出れば、銀行カードローンなら消費者金融では貸し付け出来ないゾーンでも、貸し付け可能になるのです。
・大きな特徴の1つに専業主婦でも融資可能ー総量規制対象外のカードローンの特徴は、専業主婦に対しても融資が可能ということです。但し、銀行カードローンによっては、専業主婦への貸し付けは不可となっている場合もあります。専業主婦とは、パートもアルバイトもしておらず、自分の収入がないので、年収は0円となることを言います。
消費者金融ではあくまで年収の三分の一までと総量規制で決まっていますので、収入が0円の場合、貸し付けすることが出来ないのです。
一方、銀行カードローンであれば総量規制対象外となりますので、専業主婦が収入0円でも、配偶者に安定的な収入があれば融資は可能となるのです。

申し込みブラックとはどんな状態か

申し込みブラックとは、キャッシングに短期間で集中的に申し込むことによって審査に通らなくなってしまう状態のことを指します。
審査を行うキャッシング会社としては、短期間にいくつものキャッシングに申し込んでいる人にお金を貸すのは不安がつきまといます。いくつものキャッシングからお金を借りようとしているということは、大金を一度に必要としていると考えられるからです。常識から考えて急にそこまでの大金を必要とするような事態はそうそうありません。お金を貸したとしても返してもらえなくなるリスクがあるので、短期間に集中的にいくつものキャッシングに申し込みをしているような人は審査落ちにしてしまうというわけです。

PAGETOP
Copyright © 今すぐにカードローン審査ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.